大きないちもつ。 【動画】どぶろっくのキングオブコント2019の歌ネタが面白い!歌がうますぎる

どぶろっく「大きなイチモツをください」がウケた2つの理由を解説!【キングオブコント2019】

大きないちもつ

大きな一物 いちもつ の意味とは? 芸人の『どぶろっく』たちが連呼してした 大きな一物 いちもつ。 この言葉の意味についてですが、お年頃の男性であるならば、ほとんどの人が「 あぁ~、なるほどね。 」と、察してしまうのではないでしょうか? ただ、思春期間近の若い方や女性の方からしたらあまり聞き慣れた言葉ではないのかもしれませんね。 わずかのもの。 おそらく、人前で話す際に 「ちん… 省略 」なんて言葉をダイレクトに言う人はあまりいらっしゃらないと思いますが、その代わりに一物という言葉を代用して使っているのではないでしょうか。 今回の『どぶろっく』さんたちがあえて一物という言葉を使っていたのも、多くの人が視聴している「 テレビの中の話だから」という理由が一番だと思われます。 それでも、小さいお子さんたちがいらっしゃるご家庭で見ていた人たちからしてみれば、かなり際どいものだったかもしれませんね…。 スポンサーリンク 大きな一物 いちもつ は放送禁止用語スレスレだった? 先述の意味を踏まえて考えると、 「 大きな一物 いちもつ というのは放送禁止用語スレスレではないのか」という話題もあったそうなので、これについても少し調べてみました。 結論から書いていくと、現在の日本の法律ではごく一部の例外を除いて、 明文化された法律禁止用語は存在しないとありました。 参照: ただ、視聴者からのクレーム対策や番組へ出資しているスポンサーなどへの影響を考慮した上で、 自粛すべき言葉という意味合いで「放送禁止用語」という言葉が使われているとのこと。 もっと簡潔にまとめると、「 番組を見ているお客さんたちが不快にならなければOK」という基準に落ち着いているということになりますね。 露骨な下ネタに関しては自粛されるのが一般的ですが、かつてフジテレビで放送されていた番組『はねるのトびら』というバラエティ番組においては「あ、コレ放送しても大丈夫なんだ…」と感じるような場面もありました。 引用: 気になった方はグーグル先生で「」で検索してみると一番上に出てくると思います。 ちなみに、私はリアルタイムで見ていたのでとても面白かったです…。 また再放送してもらいたいものですね! 大きな一物 いちもつ 意味まとめ 今回、『どぶろっく』さんたちが使っていた大きな一物の意味については、大きなちん 自粛 という意味で間違いないと思われます。 「 男の股の間にぶら下がっているモノ」ですよ。 玉の方ではないですよ。 記事を書いている自分の方が恥ずかしくなってきてしまったので、ここらへんで終わりにさせていただきたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました!!.

次の

結局「大きなイチモツ」を女はどう見るか?

大きないちもつ

ダウンタウンが出演する大みそか恒例の日本テレビ系バラエティー「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日SP 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」が31日放送され、新しい地図の稲垣吾郎(46)草なぎ剛(45)香取慎吾(42)がそろって出演した。 稲垣は番組終盤、どぶろっくとコラボで登場。 「大きなイチモツをください」と、下ネタの歌詞を連呼した。 番組冒頭では、草なぎが今年話題になったネットドラマ「全裸監督」の村西とおる監督をイメージした、裸に白ブリーフ一丁の姿で「お待たせしました。 お待たせしすぎたのかもしれません」とノリノリで登場。 松本人志らの爆笑を誘うと「久しぶりの地上波です」と話した。 また松本に「あなたは中居(正広)派?草なぎ派?」と質問するなど、ギリギリのSMAPネタも披露した。 香取は番組後半に生徒指導の教師役で登場。 上半身は白いスウェット、下半身は白いシャツで隠しつつも白いパンツが丸見えと、体を張ったスタイル。 番組前半に白いブリーフ一丁で登場した草なぎと「パンツ共演」した。 新しい地図の3人のうち、香取は8月に日本テレビ系「スッキリ」に国際パラリンピック委員会特別親善大使として生出演。 パラスポーツの魅力について語った。 また年明け1月2日には、3人でテレビ東京系「出川哲朗の充電させてもらえませんか? 新春3時間スペシャル」(午後5時55分放送)に出演する予定で、地上波での露出が増えてきている。

次の

大きな一物をくださいの歌詞一覧!どぶろっく農夫と神様のイチモツソングが最高!

大きないちもつ

渡辺淳一さん この箇所を耳にして思い出すのが、2014年に直木賞作家の渡辺淳一の訃報が流れたワイドショーだ。 その番組の中で、山本周五郎賞作家の岩井志麻子が以下のような内容をコメントした。 「小説の中で私が愛人のイチモツを褒め称える描写で〝細長い〟と書いた。 それを渡辺淳一先生は〝普通、ぶっといと書くのに斬新だ〟といってくださった」 以前、私はセックスについて女性たちにインタビューをしていたが、みな「細い」を望んでいた。 当たり前だろう。 太いと痛いのだから。 今回は、「大きなイチモツ」が、女性から見るとどうなのか?ということについて探っていきたい。 なぜなら、最近、女性向けの恋愛漫画の中に「大きなイチモツ」がしばしば登場するようになった。 これはなんなのだろうか。 どぶろっく 「大きなイチモツ」がコンプレックスになる どぶろっくが歌うように「大きさにこだわるのは男だけ」であろう。 しかし、長らく男性視点の言説が世間を支配していたために、「大きなイチモツ」は良いものとされてきた。 これに変化が起きたのは、2000年から放映が始まったドラマ『トリック』(テレビ朝日系)である。 主人公の上田次郎はイチモツが大きいことがコンプレックスという設定だった。 このあたりから、女性の視点が流通し出す。 そして、現在、女性向けの人気漫画の中で、「大きなイチモツ」はふたりの恋の障害として描かれる。 2018年発行の『ふくらみふくらむ』 水瀬マユ・双葉社 の中では、ヒロインで20代OLの実乃梨には片思いの相手がいる。 その彼のコンプレックスは「大きなイチモツ」である。 彼は初体験をしようとした時に、相手の女性に「そんな大きいのは無理」という風に断られてしまう。 それ以来、恋人もできない。 ゆえにヒロインとの交際にも消極的だ。 どうにかお互いに気持ちを確かめ合い、付き合い出しても、ふたりは物理的になかなかセックスができない。 ここでは「大きなイチモツ」はふたりの恋愛の障害として描かれる。 ラブストーリーは障害がないと盛り上がらない。 そのため、古典の時代から、ラブストーリーでは、病気や戦争、身分の格差などを描いてきたが、今の時代、それらは障害として成立しない。 大きな戦争も起きないし、医療も発達している。 ハリウッドドラマだと貧富の差を描けるが、日本には階層がないからそれは使えない。 お嬢様が大学の同級生と恋に落ちても、相手が好青年なら、親も友人たちも反対しない。 そんな現代にどうやって障害を作るか。 そのひとつの答えが「大きなイチモツ」なのではないか。 実にリアルな障害として設置できる。 実際、取材していた中で、ある女性は恋人のイチモツが自分の手首ぐらいあったために、慣れるまで大変だったと話していた。 その口調は嬉しそうにも聞こえた。 やはり恋は障害がある方が盛り上がるのだ。

次の