高校生 ガラケー。 まだガラケーが主流だったころ、私の通う高校は携帯の持ち込み自体が校則で禁止されていた

高校生でiPhoneからガラケーにすることについて 私は中1からiPhoneを

高校生 ガラケー

パープルのガラケーを使用中の松岡 ジャニーズ事務所では数少ないガラケーユーザーとして知られるTOKIO・松岡昌宏。 自身のラジオ番組『TOKIO WALKER』(NACK5)では、ガラケーの話題が定期的に持ち上がり、スマホ優勢の情勢を嘆いているのだ。 先日の放送では、ドコモが展開している「iモード検索」サービスが今年3月24日に終了するとの報を受けた松岡が、「もう俺は何にも検索できない」と愕然。 「何も見れない」と大混乱に陥っていた。 実は、携帯各社は近年中にガラケーのサービス終了を迎える。 松岡はドコモユーザーと思われるが、同社は2026年3月31日で終了予定。 ガラケーを愛する松岡には、あまりにも悲惨な現実が待ち受けているのだ。 しかし、なぜそもそも松岡はガラケーをそこまで愛するのか? なぜスマホへの切り替えを全力で拒むのか? ひょっとしたら、26年以降もガラケーを使い続ける裏技もあるのではないか? そんな疑問を胸に、ガラケー専門店「携帯市場」神田本店へ走った。 ちょっと前までは店内全ての品ぞろえがガラケーだったんですが、駆け込みでガラケー終了までのストック用に何台か買っていく人が最近は増えたもので、今はこれくらいですね。 スマホユーザーからするとガラケーの良さが見えにくので、その魅力が気になるんですが……。 携帯市場 僕が使っているのはドコモのF01(12年製造)なんですが、見てください。 指紋認証があるんです。 実は、スマホの前からガラケーには指紋認証が搭載されていたんですね。 カメラは1300万画素で、画素数だけでいえば最新のiPhone11レベル。 Bluetooth、wi-fi、お財布携帯機能もあります。 テレビだって見れますよ。 こんなに多機能なのに、充電の持ちも良い。 あとなにより丈夫。 06年や08年の機種をいまだに使ってる人がいるくらい、ガラケーは丈夫なんです。 あ、スマホは感情的になったときに、投げつけられないですよね? ガラケーは思い切り投げつけても壊れない。 粗暴な扱いに絶え得るんです。 ちなみに、このご時世にスマホからガラケーに切り替える人はいますか? 携帯市場 高校生の女の子がSNS離れをしたくて、ガラケーにダウングレードしにきたことがあります。 受験生だからネットを断捨離したいと。 ガラケーの特徴はSNSができないことですよね。 ガラケーユーザーがスマホにしない理由は「SNSが嫌」というのが大きいんです。 電話とショートメールができればいいと。

次の

10年ぶりにガラケーを1週間使ってみてわかった10のこと :: デイリーポータルZ

高校生 ガラケー

この記事に書かれている内容は…• なぜスマホはいらない? そんな高校生はいるの? 「高校生がスマホを持っているのは当たり前」という認識が広まっている現代。 実際、学校の部活やバイトでの連絡も主にLINEなどになっていませんか? スマホを持っている高校生が増えてくると、高校生がスマホを持っていないことに、疑問を感じるのではないでしょうか? ですが、スマホを持っていない、スマホを持たなくてもいい!という高校生も実在するのです。 スマホを持たない理由は?なぜスマホがいらないの? スマホを持たない理由には「親が買ってくれない」「親にスマホは不要だと言われた」など 自分が欲しくても親が許してくれない場合と、自らの意思で「スマホはいらない」とスマホを持たない人に分かれます。 自らスマホはいらないという高校生はどうして、スマホは必要ないと感じるのでしょうか?• ゲームを全くやらないから• 連絡にしか携帯を使わないから• ネットはPCを使用するから• ガラケーで充分事足りている など、ネットにはPCを使い、連絡用にはガラケーを使用している高校生もいます。 連絡手段としてLINEが多様化されてきていますが、ガラケーを使用しているからと言って仲間外れにされたり、いじめを受ける事はなく平和に学校生活を送る事が出来ているようです。 スマホを持っていない高校生の大半は「連絡手段があればそれでいい」といった考えのようで、 ガラケーを所持しているケースが多いようです。 中高生は特にネット依存、スマホ依存の危険性があるのでスマホを持たないことにメリットがたくさんあるのかもしれませんね。 高校生がスマホを持つメリットって何なの? 現役高校生の間ではネットによるトラブルが多発していたり、いじめが発生していたり… 悲しいニュースが流れる事もよくあります。 高校生がスマホを持つメリットとは?スマホを持っておいた方が良い場合はあるのかどうか? ご紹介します。 高校生がスマホを持つメリットとは?• 友人との会話が弾む• 簡単に知りたいことを検索できる• 勉強に役立つアプリやサイトを見る事ができる• 出先で道に迷った場合などにマップ機能を使用できる• 可愛いキャラクターのカバーやアクセサリーが使用できる スマホを持つことで勉強がおろそかになるのでは… スマホばかりいじってしまうようになってしまうのではないか… などスマホに対する不安はありますが、高校生がスマホを持つメリットには上記の項目が挙げられます。 勉強がおろそかになってしまうかどうかは、スマホの利用の仕方によります。 近年では勉強に役立つアプリがたくさん出ています。 通学時間や空いた時間などにサクッと勉強できるものもあり、スマホを利用して勉強をおろそかにしない方法もあるのです。 カバーやアクセサリーに関しては、完全に女子の意見ですが、高校生には大きな要素となります。 また、マップ機能や案内機能がついているので道が分からなくなってもスマホに問いかければ答えてくれる便利な時代になっていますので、お出かけをよくする高校生にはメリットと言える機能ではないでしょうか。 高校生がスマホを持つデメリットって何なの? 高校生がスマホを持つメリットももちろんあるのですが、やはりデメリットもあります。 スマホを利用することが良いこと尽くしではない!ということです。 デメリットを把握しておくことが重要になります。 高校生がスマホを持つデメリットとは?• スマホ料金がかかる• スマホ依存、ネット依存など依存症に陥る可能性がある• 危険なサイトやネットトラブルに巻き込まれる可能性がある 月のスマホ料金はガラケーに比べると3000円以上の差になる場合もあります。 スマホ料金で家計が圧迫される可能性もありますので、料金には要注意です。 また、若者が常にスマホ片手に行動している状態をよく目にしますよね。 スマホ依存やネット依存に陥りやすくなることもデメリットの1つとして挙げられます。 スマホやネットに依存すると精神的な影響までありますので、スマホを持つことで精神的負担が増える可能性もあるのです。 誰でも簡単に色々なサイトを覗けるようになったスマホ。 便利ではありますが、悪質なサイトや危険を及ぼすサイトが増えているのが現実。 悪質な業者に引っかかってしまう可能性や、架空請求や迷惑メール、迷惑電話をされる可能性もグッとあがります。 スマホは便利ですが、使い方を間違えるとトラブルに巻き込まれる原因となります。 このように、メリットもちろんありますがデメリットも確かにあります。 スマホを持っている方が良い!とは言い切れないのが現状でしょうか。 スマホ依存とは? スマホを利用している人がスマホに依存するようになり、1日の大半をスマホの為に時間を割いたり、しなければいけないことがあるのにスマホを優先してしまう事を指します。 常にスマホが手元にないと不安に駆られるといった症状があります。 スマホ依存になることによって睡眠時間の現象や規則正しい生活を送る事ができなくなり、身体的、精神的が不調になってしまう。 上記のように、スマホが原因で私生活に支障が出る場合は「スマホ依存」の可能性が高いと考えられています。 スマホ依存が原因で鬱病や引きこもりになってしまうケースもあります。 スマホ依存症が原因で精神的な病気を患ってしまうと、その後の社会復帰にも大きな影響を及ぼします。 自分は依存症なのかもしれない。 と感じた場合はすぐに生活を改善するようにしましょう。 高校生でスマホを持っていなくても良い! スマホを持っていない高校生や高校生がスマホを持つメリットやデメリットを紹介しましたが、参考になりましたか? スマホの普及率が上がり続けている現代ですが、連絡手段としてガラケーをしようするのもスマホ依存に陥らなくなる1つの方法ですね。 高校生全員が必ずスマホは持たなくても良いのです。 実際に持っていない高校生も存在します。 自分に合った使い方ができる人はスマホを使用することでデメリットを感じる場面は少なくなると思いますよ。 今スマホ依存症になりかけているかも? と心当たりのある方は今からでも十分間に合います! 生活スタイルを見直していきましょう! UQモバイルが最強な理由! 格安SIMの一番のデメリットでもある通信速度。 Docomo回線を利用している格安SIMの通信速度の遅さは絶望的です。 管理人は、楽天モバイルとOCNモバイル(どちらもDocomo回線)を使用しました。 通常は問題なく使えますが、お昼時(12時~13時)や休憩時(10時、15時)の回線の遅さにはイラつきを隠せませんでした。 また、無料通話(5分~10分)が付いているかけ放題プランに加入していましたが、電話番号の頭に6桁の番号が必要になります。 専用のアプリから電話をかければ自動的に6桁の番号は付けてくれます。 しかし、着信履歴から電話をかけ直す場合にも、専用のアプリに入り直さなければいけないのでそれが面倒でした。 UQモバイルは、auが全面的にバックアップをしていて、ネット通信も電話も通常通り利用することができます。 通信速度が遅いと感じることはありませんし(4G)、電話もアプリなど必要ありません。 auと同じ状態で1,480円~利用することができるのです。 格安SIMならUQモバイル以外はありえないでしょう! UQモバイルのデメリットは、auなのでDocomoよりも少しだけ電波が入らないところがある。 ということは感じました。 しかし、安さと快適さを兼ね備えている格安SIMはUQモバイルだけだと断言できます!.

次の

スマホ、ガラケーどっち?(ID:3282979)3ページ

高校生 ガラケー

たくさん出てきた! 懐かしのガラケーを発掘 年末から来年の頭くらいに引っ越す宛てがありまして、今から準備をしておこうかと家の片付けをしていたところ、懐かしいガラケーが家のあちこちから見つかりました。 せっかくなのでちょっと振り返ってみたいと思います。 私がはじめて携帯電話を手にしたのは中学校1年か2年かくらいの頃で、キャリアは現ソフトバンクのJ-Phone、機種は「J-SH08」でした。 その後、J-Phoneがvodafoneに買収され、vodafoneでは「V602SH」という機種を使いました。 V602SHはやはりカメラ性能が高く、かつディスプレーが回転してデジタルカメラのようなスタイルで写真が撮れるという特徴がありました。 J-SH08とV602SHもどこかにはあると思うのですが、ちょっと見当たらなかったので、今回紹介するのは、ドコモに乗り換えてからのモデルだけです。 懐かしのスライド型「D902i」 当時、ストレート型、折りたたみ型に次ぐ第三の選択肢として、 「スライド型」やソニーのmovaの一部機種が採用していた「リボルバー型(回転式)」がありまして、なんとなく変わった機種にしたいと思った自分はこのモデルを選んだのでした。 いまはスマートフォン全盛なのでディスプレーがむき出しなのは当たり前ですが、ガラケーでは折りたたみ型が一般的でしたので、このスライド型はちょっと珍しい選択肢だったと思います。 授業中にこっそり携帯を触るときに、折りたたみだと「カチッ」とヒンジ内のギアが噛み合う音がして、下手するとその音でばれてしまうのですが、スライドは静かに明ければ音がしないという利点がありました。 あと、スライドの裏側にプリクラを貼ることができるというスライド型だけの利点もあり、スライド派は一台派閥を築いていたのです。 小さなスティック型「SO902i」 このSH-01Aはプライムにあたるモデルで、900の後継なのでフルスペックモデル。 「AQUOSケータイ」というブランドで展開されていたもので、ディスプレーを横に倒してテレビが快適に見られるという特徴がありました。 自分の場合ワンセグはほとんど使いませんでしたが、この頃は電車の中でワンセグを見ている人がけっこういたように思います。 カメラも800万画素と、ずいぶん今のスマートフォンに近いところまで来ていたようです。 あまりストラップは付けない派でしたが、このときはリプトンのおまけでついてきたチョコレートケーキのチャームを付けていたようです。 あと、この機種は決定ボタンの部分がタッチセンサーになっていて、マウスのようにカーソルを動かせるという機能があったので、PCサイトも割と快適に閲覧できました。 自分にとって最後のガラケー「F-09A」 電源が入らなくてお見せできないのが残念ですが、このモデルはキーボード部分に多色のLEDが入っていて、バックライトを好きな色に光らせることができるという機能もありました(白に固定して、変えたことはありませんでしたが……)。 この頃はもう、新しい機種がリリースされても、それまでの機種と大きく違わないところまでガラケーは成熟していました。 スマートフォンの波も押し寄せてきて、友人がちらほらとiPhoneやGalaxyに変えはじめたのもこの頃でした。 自分の場合はこのF-09Aの後、「BlackBerry Bold」に変えて、使い勝手的に「あ、これ一台はきついな」ってなって、再びF-09Aに戻し、ソフトバンクのiPhone 3GSとしばらく2台持ちした後、F-09Aを「Galaxy S2」に機種変更するものの、バッテリー消耗の早さに辟易し、再度F-09AとiPhoneの2台持ちに戻り、その後、ドコモからiPhoneがリリースされたときに、iPhone一本に絞るという経過をたどったのでした。 ロゴも変わりました ドコモのロゴがさりげなく途中で変わっていたりなど、使っていたガラケーを振り返るといろいろな発見があって面白いです。 いまは多くの方がスマートフォンを使っていますが、ガラケー時代、特に900iの時代は新しいシリーズが出るたびに、各社の900iがすらっと並んだイメージなどがさまざまなメディアで紹介されていて、それを眺めているだけでも楽しかった記憶があります。 また、選択肢がいまのスマートフォンの状況と比べてかなり膨大だったので、「どの機種を使っているか」が友人間での話題になることも多かったです。 同じ機種を使っていると妙に親近感があったりとか。 メールが来ているかどうかを気にして頻繁に「センター問い合わせ」をしてみたりとか。 ガラケーにまつわる思い出はたくさんあります。 楽しい時代だったなと思います。 そんなわけで、私の使っていたガラケーの紹介でした。 皆さんも連休で時間があるときに、昔使っていたガラケーを眺めてみると、懐かしい思い出に浸れるかもしれません。

次の