集合 体 恐怖 症。 集合体恐怖症(トライポフォビア)が見てはいけない画像61選!一覧で紹介!

【診断】集合恐怖症の原因と症状は?集合恐怖症の克服法と有名人も

集合 体 恐怖 症

集合体恐怖症とは? マイケル・アランダ氏:個人的なことを聞いてもいいですか? 小さな穴がたくさん集まっている様子について、どう思いますか? 若いスイスチーズの様子はあなたをゾクゾクさせますか? ホットケーキを焼いている時に出てくる小さな空気穴はどうでしょう? または蜂の巣のなかとか、珊瑚の模様とか、蓮の種とかはどうでしょう? これらの写真を見て吐きそうになったりはしませんか? もしそうでしたら、あなたは「集合体恐怖症(Trypophobia)」かもしれません。 たくさんの穴の集合体に恐怖を感じる症状です。 恐怖症とは、繰り返し起こる、特定の物体や状況に対する、道理に反する恐怖で、原因はほとんどわかってはいません。 大まかに言ってしまえば、穴を怖がることはそんなにおかしなことではありません。 なぜならみんな、いろいろなおかしなことに怖れを抱いていますからね。 ある語源学者は30年近くにわたりさまざまな恐怖症の名前を集めてきました。 彼のリストには現在、何百ものおかしな恐怖症がリストになっており、そのなかには月に対する恐怖症、髭に対する恐怖症、うんちをすることに対する恐怖症、操り人形に対する恐怖症、数に対する恐怖症、野菜に対する恐怖症、自転車に対する恐怖症、美女に対する恐怖症、紫色に対する恐怖症など、なんでもありそうです。 しかし、「集合体恐怖症(Trypophobia)」はそのリストには含まれていないのです。 これは、推定15パーセントもの人が多少なりとも感じるとされているにもかかわらず、まだ正式な恐怖症として認められていないのです。 この言葉自体は2000年中期に、インターネットユーザーがランダムに穴のたくさん空いた物の画像を投稿し、小さな穴の集合体に対する嫌悪感を比べることにより突然出てきました。 その約10年後、「集合体恐怖症」はただネット上に奇妙に広がった言葉ととらえられてきました。 しかし最近になって、イギリスにあるエセックス大学の心理学者であるジォフ・コールとアーノルド・ウィルキンズがこの信憑性について研究することにしました。 有毒なものを避ける能力の名残か さまざまな心地よい画像と、人々が気持ち悪がるもののさまざまな画像を比べた後、もっとも不快な画像には共通の数学的構造があることに気がつきました。 すなわち、それらにはたくさんの小さな、はっきりと対比をなすディテール、つまり、縞、斑点、穴などの模様が隙間なく、パターンのようになっている様子が写っていました。 例えばこの蓮のさやの写真ですが、暗い穴と明るい表面のはっきりとしたコントラストが見られます。 そして穴と穴の間はそのディテールを強調するように均等に空いていて、それが連続して広がっているため、ある人たちはこれを見て吐きそうになってしまうのです。 ウィルキンズとコールは、そのような模様は、ブルーリングオクトパスや、さまざまな蜘蛛や蛇といった、有毒動物に見られると主張しています。 彼らは、そのような画像が潜在的な脳の部分を無意識に刺激して、ほかの脳の部位が「いや、それはただのスイスチーズだぞ」と停止をかける前に、「おい! 危険だぞ!」と警告を出しているのだと推測しています。 もしウィルキンズとコールが正しければ、集合体恐怖症は、初期の進化上役に立つ、「有毒動物を避ける」という適応の名残りであると言えるでしょう。 もう1つの仮説は、有機物に空いた穴は無意識に、自分の健康を損ないかねない、伝染性の病気や湿疹、吹き出物、傷、水疱などの皮膚病を連想させるため、穴への恐怖は病気を避けるために役に立った進化上の能力の名残りであるというものです。 わたしが興味深いと感じたのは、「集合体恐怖症」が、「情動伝染」とも呼ぶことができるかもしれないということです。 それは、人がそれに慣れてくるとさらに多くの人に伝染するという状態です。 つまり、もし私が1時間前にあなたに、小さい穴が沢山あるのを見てゾクゾクしませんかと聞いて、あなたは「一体なんの話をしているんだろう?」と思ったとしましょう。 しかし、今はそのことについて説明をされ、それらに関連した写真を見せられたので、私の話している意味がわかるでしょう。 すみませんね。 しかし、それでもある人たちは、あなたが「このたくさんの穴を見て!」というだけで吐いてしまうのです。 そのような人たちは明らかに元から嫌悪感を持っているタイプの人です。 今現在では「集合体恐怖症」は推測でしかありませんが、これをみている人たちのなかには食欲を失った人たちがいるのは確かでしょう。

次の

集合体恐怖症|ブツブツが怖いのはどうして?医師直伝の原因と克服法

集合 体 恐怖 症

ある特定の物事が怖い恐怖症の人に出会ったことがある、身近な人が恐怖症、という方も多いでしょう。 恐怖症は、実は多くの人がかかる可能性がある症状です。 これらの罹患率は女性で約13%、男性で4%程度とされ、どちらかといえば女性の方がかかりやすいのが特徴です。 これは生涯のうちで、どこかで恐怖症になる確率を表しており、恐怖症に何年悩まされるかについては、詳しい報告がありません。 20人いれば1人は、血や怪我が異常に苦手ということです。 学生時代、クラスに1人か2人は、血や針、怪我などに異様に気を遣っていたのを覚えている、という方もいるかもしれません。 ちなみに、これらの恐怖症では、血などを見ると実際に失神してしまうこともあり、注意が必要です。 例えば、エレベーターが苦手だが、滅多にエレベーターに乗るような環境に出向かないなどです。 普段の生活で困っていないのであれば、恐怖症の治療は特に必要ありません。 普段の生活への影響や自分の精神的な問題が大きければ、恐怖症治療に臨みましょう。 恐怖症の割合は女性の方が高く、生涯で見てみれば10人に1人が恐怖症になると言われています。 ですので、今は自分にはわからない恐怖症も、いつか自分自身がかかって理解することになる可能性があります。 恐怖症の人を無理やり恐怖の対象に連れて行ったりしないよう、気を配りましょう。 日常は恐怖に溢れている!ちょっと変わった恐怖症を紹介!道化恐怖症、手恐怖症、数字恐怖症… 高所恐怖症や先端恐怖症など、恐怖症の対象となるものはさまざまです。 ここでは、ちょっと変わった恐怖症を紹介します。 ピエロが持つ独特の笑顔や、白塗りの形相に恐怖を覚えることが多いです。 そのため、ピエロが出るイベントなどには近づけません。 欧米を中心にですが、握手ではなく会釈などで対応すると、なんだかよそよそしく感じられて、ビジネスや友好上で不利になることが感がられます。 日本では、それほど生きにくさを感じません。 宗教信仰をする人が多い国に行くと神聖な施設などを目にする機会が多く、圧迫感を感じます。 特定の数字が入っている部屋番号を避けたり、その数字が入っている電話番号を見られないなどの問題があります。 日常生活への影響が非常に大きい恐怖症です。 自分はボタンのない服を着ていても、街を歩けば1人や2人はボタンのある服を着ているので、だんだん引きこもりがちになるケースもみられます。 これらの他にも短調の曲に恐怖を感じる短調恐怖症、FaceBookなどのSNS恐怖症、月が落ちてきそうで怖い月恐怖症などがあります。 人間の生活の中に存在するものなら、すべて恐怖症になる可能性があると言っても過言ではないです。 洋服や果物にも反応!?トライポフォビアという恐怖症 フォビアという言葉は『恐怖症』を表す英語で、具体的には先端恐怖症 ベロネフォビア や、動物恐怖症 ズーフォビア などがあります。 そんな中で、ちょっと変わった恐怖症のひとつがトライポフォビアです。 卵の粒、水玉模様などに恐怖心を覚え、動悸や息切れがするなど、恐怖症の症状を呈します。 昨今では、蓮の花托の写真がインターネット上で『ぞわっとする画像』と有名になったりもしました。 以下に、トライポフォビアの恐怖の対象となるものをいくつか挙げてみます。 インターネット上を見てみると、激しい反応ではなくとも、集合体の写真を見るとぞわっとしたという方は多いようです。 今後、高所恐怖症や閉所恐怖症のように、かなりメジャーな恐怖症として認知されるようになれば、研究などがもっと行われ、潜在的な患者数の予測が出てくる可能性もあります。 トライポフォビア、集合体恐怖症の治療も、ほかの恐怖症の治療と同じで、日常生活に影響が大きい場合に行われます。 例えば珊瑚だけが怖い場合は、珊瑚に接する職業でなければ困ることはありません。 水滴が怖くて水を飲むにも一苦労、水玉模様が怖くて外に出られない、などの場合は精神科を受診した方がよいです。 人類の記憶に原因が?トライポフォビアの意外な原因と克服法 集合体が怖い、というのがトライポフォビアの症状で、集合体恐怖症とも呼ばれています。 具体的には蓮の花托や珊瑚のぶつぶつなどに、過剰なほど反応してしまいます。 そんなトライポフォビアの原因に、人類の進化がかかわっているという説が出てきました。 sagepub. abstract なお、Psychological Scienceは、科学関係の研究論文を広く掲載する、信頼度の高い科学ジャーナルです。 今回の研究では、ヒョウモンダコやオブトサソリといった、人間に害をなす有毒生物の画像分析で、トライポフォビア患者の恐れる画像と傾向が一致したことがポイントです。 研究では、『人類が過去に遭遇した有毒生物を警戒する意識が、トライポフォビアの発生起因のひとつではないか』という結論、そして『危険を警戒するもともとの素質の存在がある』との結論が出ました。 例え、今までにそういった有毒生物の害に遭っていなかったとしても、人類の歴史とDNAに刻まれた素質的な側面から、トライポフォビアになってしまう可能性があります。 このことから、ほかの恐怖症同様に、曝露療法である程度までは、トライポフォビアの改善が出来るのではないかと、予測されます。 トライポフォビアにしても高所恐怖症にしても、恐怖を抱くことは、もともとは人間を危険から守るためだったという説が一般的です。 未だによくわかっていない多くの恐怖症でも、生きるための知恵として人間が素質的に持っていたものが、変化した可能性があります。 Photo by: ).

次の

集合体恐怖症の克服法|長年苦しんだ恐怖症があっさり治った方法とは?

集合 体 恐怖 症

実はこの集合恐怖症というのは、まだ研究段階の恐怖症でもあります。 何故、人がこんなにも沢山の穴や密集したもの、沢山の斑点などに恐怖を感じるのかというのがハッキリと判明されていないのが現状なのです。 この、集合恐怖症というのは、実は病院に行ったとしてもその病名を病院の医師がつけてくれるわけではないのです。 何かほかに原因があるのではと判断されてしまうか、それが普通と言われてしまうかのどちらかなのです。 これにはきちんとした理由があり、恐怖というものは怖いという感情から恐怖症になる場合が多いのですが、集合恐怖症の場合は恐怖ではないのです。 嫌な気持ちになるというのが正しい感情なので、恐怖症とはいいがたいという研究がなされているのです。 ですので日本でも集合恐怖症とは言わずに、トライポフォビアと言う場合が多く、病気ではなく現象と捉えられているのです。 そもそも、この集合恐怖症というのは実は歴史がとても浅い恐怖症でもあるのです。 2009年にアメリカで、細かいものの密集したものや、穴が沢山集まっているものをみてゾッとした人がFacebookにあなたがたくさん集まっている写真を投稿したことが始まりでした。 この投稿を見た人の多くが、その写真に不快感を覚えたり、気持ち悪がったことからこういった恐怖症があるんだということが広まったとされているのです。 それを見た研究者が、もっとトライポフォビアについて研究しなければいけないと考えて、研究結果を発表したことにより多くの人がこういった恐怖症があると認識し始めたのです。 また日本でも同様に、芸能人が集団恐怖症であることを発表したことにより自分も密集したものや沢山の穴を見るとゾッとするといった声が挙げられて集団恐怖症は広まっていったといわれています。

次の