ギガホ 60 ギガ いつまで。 ギガホ2/ギガライト2はお得?変更するべきなのか?

ドコモのギガホ増量キャンペーン2で毎月60GB使える! 非常にお得な内容を詳細解説

ギガホ 60 ギガ いつまで

当該期間内での解約は1,000円の解約金がかかります。 同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、割引条件などが異なります。 ただし、ドコモ販売店での直近の購入機種(ドコモケータイ、らくらくホン(らくらくスマートフォンを除く)、キッズケータイに限る)18か月以上のご利用が条件。 当該期間内での解約は1,000円の解約金がかかります。 同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、割引条件などが異なります。 ただし、ドコモ販売店での直近の購入(ドコモケータイ、らくらくホン(らくらくスマートフォンを除く)、キッズケータイに限る)18か月以上のご利用が条件。 【「ギガホ」「ギガライト」について】• 割引適用中回線の料金プランを変更する場合、割引は終了します。 「端末購入サポート」適用中の場合、所定の解除料が発生します。 Wi-Fiのご利用可能期間はキャンペーン終了までとなります。 なお、終了時期は未定です。 終了の1か月前までに当社ホームページなどでご案内します(法人名義でご契約のお客さまのお申込み期限およびご利用期間は、2021年12月31日まで)。 キャンペーン終了後は、無料でWi-Fiがご利用になれるdポイントクラブ会員向けの「d Wi-Fi」のお申込みをおすすめします。 詳しくは、「」をご確認ください。

次の

ドコモの料金プラン変更方法・全手順|違約金発生タイミングと注意点を解説

ギガホ 60 ギガ いつまで

「 ドコモのギガホが増量キャンペーンしてるけどいつまで?ギガホってお得な料金プランなの?」 料金プラン選びに悩んでる人は多いと思います。 ドコモでは現在データ容量が、 30GBのギガホ 7GBまでのギガライト いずれかのプランしか選べません。 ギガホのメリットはなんといっても大容量プランであるということ。 また、2020年1月1日から ギガホ増量キャンペーンも始まりました。 ギガホの料金そのままで、データ容量が30GBから60GBに増量して使うことができるようになるので魅力を感じる人は少なくないでしょう。 この記事では、ドコモのギガホプランについて詳しくお話しています。 ドコモのギガホの30GBではどのくらいデータ通信をすることができるのか…60GBに増えることでどのくらいお得になるのか… 実際にデータ通信量の目安を計算してみているので確認していってくださいね。 あくまでも、増量なので他社の50GBの料金プランと比べても、お得な料金で使うことができるのもポイントです。 ギガホ増量キャンペーン期間:2020年1月1日~終了時期未定 キャンペーンの終了期間は未定で、しばらくキャンペーンは続く予定になっています。 対象条件 ギガホ増量キャンペーンの適用条件は、 料金プランをギガホにしていることだけ。 対象割引きサービスや対象機種などの条件は一切ありません。 すでにギガホを利用している人 ギガホに新規契約する予定の人 料金プランをギガホにさえすればキャンペーンが自動で適用になります。 なので、当然ですがギガホ以外の料金プランに変更をしたら増量は終了です。 ギガホ増量キャンペーンの期間中にギガライトから再びギガホにプラン変更をした場合には再度キャンペーンが適用され、データ容量は60GBまで使うことが可能になっています。 1回限りではないということで、プラン変更は自由に可能ということです。 たくさんデータ通信を行いたい期間だけギガホに変更しておくというのもいいですよね。 ドコモギガホの料金プラン 公式: 月額料金 2年定期契約時 6,980円 月額料金 定期契約なし 7,150円 データ利用量 30GB 国内通話 家族間:24時間無料 家族以外:30秒20円 SMS送信料 1回あたり3円~(受信:無料) ドコモのギガホは、 月額6,980円で最大30GBまでデータ通信を利用することができる大容量プランです。 30GBの上限を超えると速度制限がかかりますが、それでも1Mbpsの速度を保ったまま利用できるのもメリットです。 従量課金制のギガライトは、最大7GBまで。 単純に毎月7GBを超えるデータ通信量が必要なのであれば、ギガホの契約を検討することになります。 ギガホ2との違い 2019年10月からドコモではギガホ2を新しく発表。 従来のギガホと大きく違う点は、2点。 定期縛りなしの選択が容易になった 違約金の請求額が緩和された とはいえ、ギガホからギガホ2になったことでデメリットはありません。 ギガホ2になったことで定期契約なしでも金銭的な負担は月々170円上がるだけ。 dカードお支払割を利用することで月額170円も全額免除になります。 結果、2年契約なしで利用したとしても2年契約ありと同じ月額料金でギガホ2を利用できることになります。 また、2年の契約期間を希望したとしても違約金が1,000円だけの請求にまで軽減されました。 割引き適応後の月額料金 ギガホの月額料金6,980円はあくまでもデフォルトの料金。 さまざまな割引きサービスを利用して月額料金をかなり安く抑えることができます。 上記の割引きを条件を満たせば適応させることが可能。 例えば今だけの学割を適応させると考えると、 月額料金 6,980円 ドコモの学割 -1,500円 みんなドコモ割 -1,000円 ドコモ光セット割 -1,000円 合計 3,480円 結果、ギガホの大容量プランを月額3,480円で利用することもできます。 ドコモ学割は期間限定、年齢制限もあるので要確認です。 【実例】ギガホの30GBで何ができるのか? ドコモのギガホはデータ容量が30GBまで利用することができるお得な料金プラン。 とはいえ、そもそもギガホの30GBでどのくらいのネット通信を行うことができるのか? イマイチわかりづらいですよね。 30GBの目安がどのくらいなのか具体的に計算してみました。 ショップサイトの閲覧:約500回~1万回 メールの送受信:約2,000通 ニュースサイトの閲覧:約3,000~6,000ページ TwitterやFacebookの閲覧:約2,000回 LINEの音声通話:約2,000分 メッセージアプリ:約40万~50万回 ショップサイトやメールの送受信、SNSなど相当な量の通信を行っても1GB程度で収まるような感じがしますよね。 Twitterを2,000回も開くことって1ヶ月にあり得ないですし、LINEの音声通話でそこまで長電話する人も稀ですよね。 それなら30GBも必要ないんじゃないの? と思うのはまだ早いですよ。 最もインターネットで通信量がかかるものは、オンラインゲームと動画視聴です。 オンラインゲームについては、ゲームによってさまざまとしか言いようがないので、目安はありませんが、常にインターネットでデータ通信をすることで成り立っているものなので、1GBなんてすぐに消費することだけは間違いありません。 最初のダウンロードの時点で1GB近く必要になるゲームもあります。 動画については、およその目安が各サイトで好評されています。 YouTubeの場合は、1GBで約4. 5時間視聴が可能です。 1日にYouTubeで約9分ほど毎日視聴すれば1GBはあっという間に消費されてしまいます。 ということで、30GB以上のデータ容量を必要とするのは、スマホで動画を視聴したりゲームをたくさんするという人ことになりますね。 30GBの目安を動画の視聴時間で解説していきます。 YouTubeなら約140時間 画質レベル 30GBで視聴可能な時間の目安 HD画質(720p) 約40時間 標準画質(480p) 約140時間 低画質(144p) 約250時間 まずは、毎日視聴するのが習慣化している人も多いYouTubeの視聴時間の目安を見ていきます。 標準画質で視聴する場合は30GBで約140時間視聴 1日に4時間30分は毎日見ることが可能 毎日2時間程度YouTubeを視ているという人にとっては、30GBもあれば全く問題がない容量ですね。 Amazonプライムビデオは中画質で約50時間 公式: 画質レベル 30GBの視聴可能時間の目安 最高画質 約5時間 高画質 約16時間 中画質 約50時間 ドコモではAmazonプライムが1年間無料でついてくるキャンペーンを行っています。 Amazonプライムビデオで動画を楽しむ人も増えていますよね。 中画質での視聴なら50時間ほど 高画質で視聴したら30GBで16時間ほど 画質によって差はありますが、Amazonプライムビデオで動画を視聴したいなら毎月50GBはほしいところ。 今回のギガホ増量キャンペーンを活用すれば、その点もクリアできますね。 【ドコモ】ギガホ料金プランのまとめ.

次の

ドコモ・5G,ギガホ,ギガライト,ケータイプランを見やすく一覧にしてみた

ギガホ 60 ギガ いつまで

「 親にドコモのらくらくホンを持たせたいんだけど、料金プランはどれになるのかよく分からない…」 「 今ガラケーだけどらくらくスマホに機種変更した場合の料金はどうなるのか…」 このような悩みがあるんじゃないでしょうか。 シニア向け機種であるらくらくホンですが、料金プランは一般スマホを契約する場合と違いはありません。 ドコモのらくらくホンシリーズには「ドコモケータイ」と「スマホ」の機種に分かれています。 実際に、 ドコモのらくらくホンを利用した場合の毎月の月額料金も計算してシミレーションもして見ていきましょう。 ケータイプラン ギガライト ギガホ で、二つ折りのガラケータイプのらくらくホンは、ケータイプランのみ契約可能。 らくらくスマホを契約するなら、ギガライトもしくはギガホのどちらかを選ぶようになります。 まずはそれぞれの料金プランの特徴について解説していきます。 ドコモケータイプランなら通話料+通信量込み 参照: 家族内通話無料 1,200円 通信量100MB ガラケータイプのらくらくホンのみ契約ができる料金プランがドコモケータイプランです。 今までのようなSPモード、通信量が別で請求されることはなくすべて込みでの料金で1,200円の分かりやすい料金プランです。 通信量も100MBまでも料金に含まれてるのがポイント。 電話メインでらくらくホンの利用を考えているのであればドコモケータイプランを選ぶことでかなりお得に利用ができるでしょう。 らくらくスマホに機種変更を考えている人向けの料金プランを見ていきましょう。 ギガライトなら最大7GBまで使った分だけの料金プラン 参照: 5GB~7GB 5,980円 3GB~5GB 4,980円 1GB~3GB 3,980円 0GB~1GB 2,980円 らくらくスマホに機種変更する場合に契約できる料金プランの一つがギガライト。 最大7GBまで 使ったデータ容量に応じて定額料金が変わるしくみになっています。 毎月の通信量がそれほど多くない場合は、ギガライトを選びましょう。 また、7GB以上のデータ量が必要である人は続いてご紹介するギガホを利用するといいですね。 ギガホなら30GBまで使える大容量プラン 参照: 30GBまで 6,980円 ギガホもらくらくスマホを契約する場合に選べる料金プランです。 データ通信は30GBの大容量プランであるのがポイント。 ネット閲覧はもちろん動画サービスなどの利用が多い人であれば、ギガホを選択することで毎月の通信量に不安をもつこともなくなるでしょう。 単純に毎月の通信量が7GBを超えるかもという人であればギガホを選択すればいいでしょう。 とはいえ、らくらくスマホを持つのが高齢者であると考えれば少数派かもしれません… らくらくホンで電話もたくさんする場合は「音声オプション」も検討 ドコモケータイプランもギガライト、ギガホに関してもあくまでもデータ通信の料金プランです。 もし、らくらくホンを利用する際に電話頻度が多い人は 音声オプションの加入を検討する必要があります。 オプションに申し込むことで、定額通話サービスが可能となります。 2019年11月1日より音声オプションに対しての割引きサービス「」も開始されました。 毎月700円が最大12ヶ月適応されるので、5分間の通話オプションは実質無料で利用ができますよ。 はじめてスマホ割が適応となり、60歳以上の年齢の場合に限りますがらくらくホンを利用する人であれば条件はクリアできる可能性は高いでしょう。 ギガライトにしてもギガホにしても基本料金は正直高いです。 なので、それぞれの料金プランに割引きサービスを適応させることでお得に利用できますのでうまく活用していきましょう。 ドコモの料金プランに割引きを適応させれば・・ ガラケータイプのらくらくホンに機種変更する際に契約する場合のケータイプランは月額1,200円から安くすることができません。 ただ、らくらくスマホへの購入を考えていて ギガライトかギガホを契約するのであれば月額料金を割引きすることが可能です。 割引前 はじめてスマホ割(最大12か月間) みんなドコモ割(永年) ドコモ光セット割(永年) 割引後 2回線 3回線以上 1回線 2回線 3回線以上 5,980円 5GB~7GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円 4,980円 3GB~5GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 2,980円 2,480円 1,980円 3,980円 1GB~3GB -1,000円 -500円 -1,000円 -500円 2,480円 1,980円 1,480円 2,980円 0GB~1GB -1,000円 -500円 -1,000円 なし 1,980円 1,480円 980円 ギガライトの割引サービスはギガホ割が対象ではないので、最大3つの割引サービスが併用できます。 すべての割引サービスが適用で最大3,000円も月額料金が安くなりますよ。 らくらくホンに機種変更してギガライトを利用した場合は、データ通信が1GBまでの利用で家族で3回線以上利用していた場合は、 月額980円から利用することが可能です。 ギガホ割が適用されると、ギガホを家族3回線以上で利用していた場合とギガライトを5GB~7GBで利用する場合と同額の月額料金で使えることになります。 このあたりはよく考えて料金プランを選ぶ必要があるでしょうね。 で、これらはあくまでも料金プランのみの月額維持費のイメージ。 あとは 「本体端末代金」+「料金プラン」で月額料金の目安をシミレーションしていきましょう。 ドコモらくらくホンの本体価格+料金プランの月額料金 ドコモらくらくホン F-02J らくらくスマートフォン me らくらくスマートフォン4 今回はこちら3機種のらくらくホンで本体代金とそれぞれの料金プランを選んだ場合の月額料金をシミュレーションしてみました。 月々1,200円に本体端末代金の分割金を足しても、 月々2,200円からの利用が可能です。 料金プランをギガライトにした場合、最も高くて1回線で5GB以上のデータ通信を行った場合の4,790円です。 最も安くなるのは、 3回線以上で利用してデータ通信を1GB以下に抑えた場合の1,790円という場合になります。 どんなに使っても5,000円未満になるので、今までのケータイの料金プランとあまり変わらないで利用することができるのではないでしょうか。 また、 ギガホを選ぶことでギガホ割が適応されます。 5GBしか使えなくて4,790円より、30GBまで使えて4,790円の方が断然お得なのも分かりますね。 ・ギガライト.

次の