日経サービス cm 男。 無名の最強接着剤、純アルミも引きちぎれるその強さは?

STYLISTE

日経サービス cm 男

CM動画URL: 採用管理クラウド「HRMOS採用」について HRMOS採用は、採用業務の一元管理を通じて、オペレーション業務の効率化と、採用スピードの向上を実現できるクラウドサービスです。 また、データによる採用活動の可視化・分析もできるため、データを根拠とした戦略的な採用の意思決定ができ、効果的な採用につなげることができます。 また、HRMOS採用はユーザーコミュニティー、カスタマーサクセスチームを設け、採用ノウハウの提供やユーザー向けの勉強会の開催も行っており、企業の採用を強くするために必要なサポートを包括的に行う「Recruitment Success Platform」を目指しています。 CMストーリー 働き方の多様化や人材獲得競争の激化などに伴い、企業における人事の重要性が増す一方、人事部や採用担当者の業務はより複雑化。 煩雑な作業に追われ、戦略的な業務に時間を割けずにいます。 今回のCMの舞台は、そんな採用業務の悩みを抱えた企業の人事部です。 HRMOSのイメージキャラクターを務める松田るかさんが、当社が集計した「採用のお悩みランキング」を発表するところからCMが始まります。 採用のお悩みランキングの第3位は「日程調整で一日が終わってしまう」ことで、第2位は「履歴書のパスワードが見つからない」こと。 そして、第1位は「面接官の報告が遅い」ことです。 採用担当者は皆、日々の採用業務の負荷に頭を抱えています。 悩みを抱える人事部の社員たちを見て、ハーモスポーズをとりながら「ハーモス!」と勢いよく声をかける松田るかさん。 人事部全員が振り返り「ハーモス?」と聞き返すと、改めて「ハーモス!」と声をかけます。 「クラウドで採用業務が楽になる」というナレーションとともに、採用業務の悩みへの解決策として「HRMOS採用」を提案。 「スピードと効率で人事を支えていきたい」というメッセージを込めたCMです。 CM概要 放送期間:2019年6月22日(土)から 放送エリア:関東(1都6県) キャスト紹介 松田 るか プロフィール 1995年10月30日生まれ。 沖縄県出身。 2016年、「仮面ライダーエグゼイド」(EX)のヒロインに大抜擢。 2017年8月には、「リーガ・エスパニョーラ」のダイジェスト番組・WOWOW「リーガダイジェスト!」で番組を盛り上げるリーガールに就任。 現在放送中の「東京暇人~TOKYO hi-IMAGINE~」(NTV)ではMCも務めている。 2019年7月期のNHKよるドラ「だから私は推しました」へのレギュラー出演も控えている。 また、自身初となる写真集「松田るか1st. 撮影エピソード 株式会社 電通 クリエイティブ・ディレクター 金 秀峯(キン スボン) コメント 今回のターゲットは、日々採用業務に追われている人事部。 そんな彼らに「HRMOS(ハーモス)」という初めて聞く名称と、サービス内容を好意的に認知してもらうことが、このCMを制作するうえで大きなポイントでした。 そこで人事部の方々が持つ悩みを、ランキング形式でCM冒頭に組み込み、共感を得るような構成にしています。 主演は、オーディションを勝ち抜いた新進気鋭の女優、松田るかさん。 彼女が持つフレッシュな魅力と、ハーモスが持つ先進性が相まって、とてもポジティブなCMが完成しました。 要所で決まる「ハーモスポーズ」の、堂々とした立ち姿にも大注目です。 ハーモス! HRMOS採用管理事業部 事業部長 古野 了大 コメント 株式会社ビズリーチが2016年から提供している、「HRMOS採用」は、採用業務の一元化を通じて、オペレーション業務の効率化・採用スピード向上・データに基づく戦略的な採用を実現することができるクラウドサービスです。 2016年のリリース以降、累計導入企業社数は700社以上に上っています。 働き方の多様化や、労働力人口の減少、人材獲得競争の激化に伴い、採用活動や従業員の活躍を支える取り組みなど、人事戦略の重要性は日々高まっています。 一方で、人事部は業務が複雑化したことにより、業務負荷が増え、戦略的な業務に時間を割けていないのが現状です。 今回のCMでは、採用業務に悩みを抱える人事部を舞台とし、「HRMOS採用」によって、日々のオペレーション業務の悩みから採用担当者を解放するというメッセージを伝えています。 また、HRMOS採用は、人材活用クラウド「HRMOS」シリーズの一つであり、「HRMOS」シリーズは他にも、2019年から人事評価クラウド「HRMOS評価」、従業員データベース「HRMOS CORE」等の提供を開始しています。 今後、これらのサービスの提供を通じて、企業成長のさらなるご支援に努めさせていただきます。 本件に関するお問い合わせ先.

次の

「癒やされたい男」見逃し動画配信中のVODサービスは?

日経サービス cm 男

「I never lose. I either win or learn. (私は決して負けない。 勝つか学ぶかのどちらかだ)」 南アフリカ共和国の第8代大統領ネルソン・マンデラ氏の言葉だ。 2019年に「牛丼 超特盛」や「ライザップ牛サラダ」といったヒット商品を連発し、業績が急回復している吉野家ホールディングス。 マーケティングのプロが育つ理由として、会社の歴史で培ったノウハウを体系化したさまざまなフレームワーク、戦略を先鋭化させるメソッド、人事制度にも組み込んだ教育体制などが知られる。 ただ、成功の陰には挫折もある。 フレームワークはあくまで仕組みにすぎない。 使いこなすためには数多の失敗で得た経験や工夫が必要だ。 徹底したWin or learn。 小林氏は女性用生理用品「ウィスパー」で、戦略的製品が鳴かず飛ばずのまま販売終了する大失敗を味わった。 その経験から、「コア・アンド・モア」というブランド戦略の重要性に気付き、紙おむつ「パンパース」の戦略的製品を成功に導いた。 スーパーやコンビニエンスストアなどで販売する、マスプロダクトのイメージが強いパンパースだが、出生間もない新生児を扱う病産院向けの紙おむつは重要な製品の1つ。 そのうち低出生体重児用は早産などで生まれてきた、体重2000グラム未満の赤ちゃん向けの製品だ。 刷新に当たり、20を超える新しいイノベーションが盛り込まれた。 例えば、「どこでもテープ」によって、赤ちゃんがどんな体勢でもしっかりフィットするように、どこにでも留められるようになった。 前後どちらでも使用可能なリバーシブル機能も加わった。 手のひらに乗る軽さも特徴の1つだ。 さらに、より体重が少ない赤ちゃん用紙おむつ「P-3」を発売。 800グラム未満の赤ちゃん向けに開発された世界初の製品だった。 この低出生体重児用紙おむつのマーケティングを主導したのが、小林氏だ。 14年~19年にかけて日本やスイスでパンパースのブランドマネジャーを担当した。 小林氏がこれらの製品の訴求ポイントとして定めたのは「赤ちゃんの眠りを妨げない」こと。 新技術が数多く盛り込まれた製品だったにも関わらず、あえて機能性にフォーカスしなかった。 その選択にウィスパーでの失敗が生かされている。 マーケティング戦略の根幹となるのがコア・アンド・モアという考え方だ。 コアとはブランドの理念や提供するコアバリューを指す。 モアは付加価値だ。

次の

刑務所からも大反響 ザ・ノンフィクション「半グレをつくった男」:日経クロストレンド

日経サービス cm 男

小栗旬と山田孝之のCM「割れない刑事」(公式HPより) 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。 今回は、ますますマルチな活躍を見せる山田孝之に注目。 慌てた山田に気を取られた小栗が足を止めたことで容疑者は逃走。 「逃げちゃったじゃないか」と山田を叱責する小栗に対し、「割れちゃったじゃないか」と逆ギレする山田のカットでオチている。 WEBサイトでは「読めない刑事」を始め、別ストーリーが展開している。 CM発表会見で小栗は「長く続けて、しばらく(容疑者を)捕まえられない日々を愉しみたい」と笑顔だった。 そして撮影中の山田について、「あぁ、やっぱり、この人、面白いな」という感想をもったとも言い、「ひたすら、いろんなアドリブをしてくれる」山田の演技を改めて評価した。 年末にかけて、さまざまな賞やランキングが発表されているなか、『日経MJ』が識者のアンケートを元にランキングするCM回顧企画において、山田孝之は2年連続で「今後、売り上げ増やイメージアップに貢献しそうなタレント」の1位とか2位にランクインしている。 恐らく、これから発表される今年の同企画でも彼の成績は良いと思われる。 だが、「20代の頃はCMのオーディションに何十本も落ちていた」とバラエティー番組で本人が振り返ったように、若い頃の彼のCMというのは、ほとんど記憶にない。 果たして、3年前、コカ・コーラの缶コーヒー「GEOGEA」のCMで、さまざまな働く男に山田が扮し、「世界は誰かの仕事でできている」なるコピーが印象的だった作品が、いきなり好感度調査ランキングの上位に躍り出たのである。

次の