交通 安全 週間。 令和2年度「全国安全週間」を7月に実施

令和元年 秋の全国交通安全運動が実施されます

交通 安全 週間

少しでも事故を減らそうと、警察を始めとして関係機関が、交通安全の考えを広く訴えて交通ルールを守ることの大切さやマナーを実践して身につけることなどを、国民の皆さんに広めるのを目的とした運動です。 今回この 交通安全週間の期間や取締りについて、詳しくお話をさせていただきたいと思います。 ・春の交通安全週間とは?2020年の期間は? ・交通安全週間は取り締まりは厳しくなる? ・交通安全週間では罰金は通常より多く取られるの? ・交通安全週間の取り締まりを回避する方法は? Sponsored Link 春の交通安全週間とは?2020年の期間は? 春の交通安全週間とは? 春は新入学の季節です。 大きなランドセルを背負った小学1年生の姿を見ると微笑ましく思いますね。 しかし親にとっては初めて一人での通学には不安があります。 特に交通量の多いところが通学路になっていると心配はつきません。 今年は例年通りの期間で行われます。 交通安全週間は取り締まりは厳しくなる? 取り締まりは厳しくなるの? 取り締まりをするのは警察の仕事ですが、そのほかにもパトロールということで各方面から協力を得て行っておりますので、 日頃より強化されています。 また警察の方でも一斉に召集がかかりますので、交通安全週間に携わる警察官の人数も増えています。 人数だけではありません。 チェックをするときも少しでも死亡事故を減らすべく、その原因に繋がりそうな行為が見つかった場合などは、指導や取り締まりなどが強化されています。 高齢者の事故が多発 ここ最近の傾向として死亡事故は減ってきているようです。 しかし、死亡事故の6~7割以上が高齢者の方が関わっているということのようです。 以前は高齢者の方が被害に合われるという事故が多かったのですが、 高齢者の方の運転による事故が増加傾向にあるとのこと。 警察の方でも、高齢の方の免許更新時にはさまざまな講習会を設けたり、高齢者の免許返納を呼びかけたりしています。 自転車の取り締まりも強化? また 自転車による事故も増えてきています。 車と違って大きな事故につながらないという軽い認識が多かったのでしょうか。 信号無視などの悪質な違反などが多く、それが大きな事故へとつながっていくケースがありました。 道路交通法の一部改正がされて最初のうちはかなり混乱が見受けられましたが、少しずつ認識をされるようになってきているようです。 ただ逆に増えているのが、スマホを見ながら自転車に乗っていて歩行者と衝突する事故です。 また、夜間に自転車のライトを点灯しないことによる事故も増えているので、これらの対策などが必要になってきそうですね。 春の交通安全週間でも自転車の取り締まりも、より強化されていくと思われます。 自転車は小さいお子さんから高齢者まで、当たり前に使用している生活に密着した乗り物です。 普段から親御さんの安全運転の呼びかけは大事なことだと思います。 Sponsored Link 交通安全週間では罰金は通常より多く取られるの? 交通安全週間の時警察官にノルマが課せられるという噂があり、そのため普段より罰金などが多く取られるなど耳にしたことがあるかと思います。 交通安全週間で取り締まりは厳しくなりますが、 罰金が通常より多く取られるということはありません。 もちろん警察官にノルマが課せられているということもありません。 罰金などの違反の罰則については法律によって決まっています。 交通安全週間の取り締まりを回避する方法は? 取り締まりを回避する一番の方法は 安全運転です。 規則や法定速度を守っていれば取り締まりにあうことはありません。 <車の運転の注意事項> ・ 信号無視をしない。 ・ スピード超過しない。 ・ 飲酒運転をしない。 ・ スマホを操作しながら運転をしない。 ・ 後部座席のシートベルト、チャイルドシートの着用。 <自転車の運転の注意事項> ・ 信号無視をしない。 ・ 携帯電話を使用しながらの運転はしない。 ・ イヤホンで音楽を聞きながらの運転はしない。 ・ 片手で傘をもちながらの運転はしない。 事故は加害者の立場になっても、被害者の立場になっても、人生が大きく変わるものです。 一人ひとりの心がけがとても大事なものになります。 特に小学生になったばかりのお子様には交通安全を教えるとても良い機会です。 少しでも悲しい事故を減らすためにも、交通安全の心がけをしましょう。

次の

交通安全週間(全国交通安全運動)はいつ?春と秋に実施される理由は?

交通 安全 週間

2020年(令和2年)春の全国交通安全運動の推進要綱が発表されました(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。 運動の実施期間は、4月6日(月)~15日(水)の10日間で、期間中の4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。 依然として歩行者の交通事故被害が目立つだけでなく、高齢運転者による重大事故も多発しています。 運動の重点項目には 「子供を始めとする歩行者の安全の確保」が第一に掲げられ、新年度になり、入学や進級を迎える4月以降に小学生の歩行中の交通事故が増加する傾向にあることから、歩行者の安全確保を図る必要があることが強調されています。 事業所では通勤のマイカー・バイク、自社の営業車両が不用意に生活道路を走行したり、歩行者の多い場所で無理な運転をしないように指導しましょう。 高齢者や子どもと遭遇する機会が多い道路ほど事故の危険も増大します。 やむを得ず生活道路や学校・施設の近くなどを走行する場合は、どのような危険があるのかヒヤリマップなどでチェックして危険を周知しておくことが大切です。 交通安全教室などを企画した場合、大人数で密集したり、閉鎖空間での講習は避けましょう。 業所等の業務形態に対応した交通安全教室等の開催• 横断歩道上の 歩行者等の優先を徹底する。 また、歩行者に対する思いやりのある模範的な運転を推進• 飲酒運転や無免許運転、また、いわゆる「あおり運転」等による交通事故の実態を知らせるとともに、その悪質性、危険性を周知• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する交通ルール遵守の徹底• 高速乗合バス及び貸切バス等の事業者は、 全座席でのシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発の強化.

次の

交通安全週間(全国交通安全運動)はいつ?春と秋に実施される理由は?

交通 安全 週間

2019年(令和元年)「秋の全国交通安全運動」の推進要綱が公表されました。 (中央交通安全対策会議交通対策本部決定) 運動の実施期間は、9月21日(土)から30日(月)までの10日間となっています。 なお、9月30日は 交通事故死ゼロを目指す日です。 依然として高齢者の交通事故被害が目立つだけでなく、今年は未就学児童の悲惨な交通事故が発生し、社会問題となりました。 高齢ドライバーによる重大事故も多発しています。 交通安全運動では、多発する高齢者事故防止と秋口における日没時間の急激な早まりなどを考慮し、次の5つの全国重点を定めています。 ・全国重点• 子供と高齢者の安全な通行の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 事業所では、交通安全運動の機会をとらえて、横断歩道における歩行者保護の徹底、薄暮早目の点灯、シートベルトの着用チェック、飲酒運転根絶に向けた運転者教育、点呼時におけるアルコール検知器の使用徹底などに取り組みましょう。 また、「子どもと高齢者を守る運転」などをテーマにして、運転者にグループ討議を実施してもらい、話し合いをもとに安全運転目標を考案して社内に掲示するなど、子どもと高齢者を守る意識を高める取組みを進めましょう。 事業所等の業務形態に対応した 交通安全講習等の開催• 飲酒運転・無免許運転・危険ドラッグを使用した上での運転等による交通事故の実態及び悪質性・危険性の周知徹底• 自動車運送事業者では、点呼時における アルコール検知器の使用等,飲酒運転の根絶に向けた取組みを徹底する。 飲酒運転防止対策マニュアル等を活用し、指導を強化する• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 夕暮れ時における前照灯の 早め点灯を励行と、対向車や先行車がいない状況では ハイビーム(上向きライト)使用を徹底• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する 交通ルールの遵守の徹底• しかし、ただ漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の安全運転態度が向上することは期待できません。 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解し、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。 シンク出版では、運転者が自分の危険な運転習慣に気づくなど、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

次の