ポケモン ビリビリってするわよ。 【ポケモンGO】GOロケット団したっぱのセリフ別使用ポケモンとおすすめ対策パーティ

ピカピカ!ビリビリ!でんきタイプ 20th祝いつくす解説:ポケモン設定考察 インドぞうを深追いするな

ポケモン ビリビリってするわよ

セリフ 登場タイプ ノーマルタイプが弱いって思ってるのか?本当の強さを見せてやるっ! おれ達にツタのように絡むとロクなことにならないぜ! ポケモンが吐く炎、どれだけ熱いか知ってる?覚悟なさい! 女 潮風とか、水とか、浴びたい頃なんじゃない? 男 潮風とか、水とか、浴びたい頃だろ? 向かって来るそばから凍らせちゃうから!かかってきなさい! あたしのポケモンが華麗に舞ってみせるわ! ガオォォオッ!ドラゴンの雄叫び!どう、びっくりした? 毒をたっぷり浴びせてあげるわ! 地面に叩き落としてやるぜ! おれの可愛いむしポケ! それいけーっ! 見えないちからを使うエスパータイプを怖いと思うか・・・? このムキムキ筋肉は、ダテじゃなーいーっ!勝負よ! ロック魂の叫びを聞けーっ! ビリビリ、ってするわよ! ビリビリ! 女 ヒ、ヒヒ...ヒヒッ! こわいわよ~っ! 男 ヒ、ヒヒ...ヒヒッ! こわいぞう~っ! 女 光があるところ、影ありっ! 行くわよ! 女 いちおう戦ってみようかなー? 女 覚悟しなさい! 女 勝者のみが勝利できるのよ。 強ポケモン ポケモン おすすめ理由 弱点を突きやすい氷タイプ。 入手も簡単で、対策のために用意しやすいポケモンです。 耐久力は平均より高いくらいですが、攻撃性能は氷タイプでも優秀な部類。 上手くいけば3体とも グレイシアだけで倒せる場合も。 こちらも出現ポケモンに弱点を取りやすく、草タイプには攻防で有利となる炎タイプのポケモン。 出現率も低くないため、 比較的育成が楽なのも嬉しいところ。 限定技である「ブラストバーン」を覚えていれば、より大きなダメージが期待できます。 炎・鋼複合のため対草技の耐性は抜群。 もっとも良い相性でバトルが可能なポケモンです。 毒タイプやノーマルタイプの技も軽減でき、こちらへの有効打を極端に減らすことができます。 スペシャル技主体になるので、通常技でのダメージ稼ぎは期待できません。 チャージができ次第技を撃っていきましょう。 入手しやすさが売りのポケモン。 電気技はエネルギーチャージが早く、 スペシャル技で素早くダメージを稼げます。 耐久がないため持久戦は難しく、「かみなり」のような大技よりも短い間隔で打てる「ほうでん」がおすすめです。 平均的に高水準の種族値を持つ草タイプポケモン。 水技かノーマル技が多いので、不安要素だった弱点の多さが気になりません。 安定した耐久力でバトルが可能です。 ポケモン おすすめ理由 全体的に種族値の高い岩、地面ポケモン。 サードアタックで「じしん」を覚えさせれば、 ドサイドン1体でほとんどの相手を対策できるようになります。 種族値がトップクラスに高く、 耐久性と攻撃性のバランスが魅力です。 また技開放で「だいもんじ」を覚えさせれば、フシギダネ系統の対策までカバーできます。 トップクラスの攻撃種族値を持つ岩ポケモン。 耐久値はかなり低く、ある程度の育成に加え、 後続にグラードンなどの高耐久ポケモンを配置しましょう。 ポケモン おすすめ理由 比較的入手しやすい炎タイプ単体のポケモン。 最大CPが高めなので、しっかり育成を済ませた状態でなら有利な戦闘が期待できます。 炎タイプ内でトップクラスのCPを誇っており、 耐久性に優れたポケモンです。 相手の虫、鋼技を半減で受けられるので有利にバトルできます。 ストライクへ2重弱点をとれる岩タイプのポケモンです。 ただし、ハッサム相手には有効打がないので、炎タイプのポケモンを後続で編成する必要があります。 ポケモン おすすめ理由 エスパー技統一、フェアリー技統一の両方が可能。 育成が中途半端だとCP差で苦戦してしまうので、 ある程度の育成が必要な点には注意が必要です。 サイコブレイク持ちがいなくても、 サイコキネシスで十分通用します。 またミュウツー自身が最高クラスの種族値を有しているため、育成さえ済ませば一方的にバトルを進められます。 高い攻撃種族値から繰り出される、タイプ一致の飛行技が強力です。 ただし、エビワラーの「れいとうパンチ」はW弱点となるのでシールド推奨です。 ポケモン おすすめ理由 共通して弱点をつける上に、強敵のバンギラスへは2重弱点で攻撃が可能です。 耐久値はお世辞にも高いとは言えないので、バンギラスが出現したときだけ 控えから交代させる運用も良いでしょう。 強力な水技、ハイドロカノンを習得したラグラージを先発で使用するのがおすすめです。 最大CPが高めで、 HPを高水準なので長く場に残って活躍してくれます。 比較的簡単に育成可能な草ポケモン。 また攻撃種族値が高く、 効率的にダメージを与えていけるのでおすすめです。 ただし、バンギラスが「だいもんじ」を使用する場合大ダメージを受けるので、注意が必要です。 ポケモン おすすめ理由 耐性をとれる攻撃が多く、幅広い相手への対策としておすすめです。 特に カイリューやサーナイトに強く出られるのが魅力。 強化したディアルガを持っていれば最優先で編成しましょう。 ラプラス・ギャラドス・ニョロボン対策におすすめ。 ただしこの2体以外には有効打を持ちません。 バトルしてみて出現がなければ、 入れ替えて再戦しましょう。 カビゴン対策に編成しておきたいポケモン。 タイプ相性だけみれば有利ですが、「したでなめる」を使用してくる場合急激にHPが削られていきます。 対策できる幅は狭くなりますが、ある程度育成済のカイリキーを 2体編成しておくのもおすすめです。 シャドウポケモンのゲットチャレンジ.

次の

【ポケモンGO】GOロケット団対策パーティ解説!

ポケモン ビリビリってするわよ

GOセリフ ----------------------- 気球班のセリフ 最初の一言が気球班専用のセリフの模様。 リーダーとサカキには気球セリフ は無い模様。 ボスはこのを、GOのものにするってよォ・・・ 優しそうなやつだなぁ、負ける気がしない! これ以上先に行かせるか! おれは相手が誰だろうが手加減しない男だぜ! 女 あたしが教えてあげる、本当の怖さってやつを! 軽く、ひとひねりしてやるわ! この先はあたしたちのなの。 何か用? このから出てくる道具と周りのは、すべていただくわ! 阻止できるか、バトルでお手並み拝見よ! 道具が欲しいなら、あたしを倒してからにすることね。 道具を盗むのも楽じゃないけどね。 なんて商売の道具にすぎない! あたしたちの邪魔するんじゃないわよ! バトル? いいわ! 付き合う! を乗っ取る計画を邪魔しようなんて思わないことね! タイプ判定 男 くさ:おれ達にツタのように絡むとロクなことにならないぜ! みず:潮風とか、水とか、浴びたい頃だろ? どく:毒をたっぷり浴びせてやるぜ! いわ:ロック魂の叫びを聞けーっ! じめん:地面に叩き落してやるぜ! むし:おれの可愛いむしポケ! それいけーっ! パー:見えないちからを使うを怖いと思うか・・・!? ゴースト:ヒ、ヒヒ・・・ヒヒッ! こわいぞう~っ! ノーマル:ノーマルタイプが弱いって思ってるのか? 本当の強さを見せてやるっ! ランダム:覚悟しろ! 女 どく:毒をたっぷり浴びせてあげるわ! ほのお:が吐く炎、どれだけ熱いか知ってる? 覚悟なさい! みず:潮風とか、水とか、浴びたい頃なんじゃない? こおり:向かって来るそばから凍らせちゃうから!かかってきなさい! でんき:ビリビリ、ってするわよ! ビリビリ! ひこう:あたしの鳥が戦いたがってるわ! かくとう:このムキムキ筋肉は、ダテじゃなーいーっ! 勝負よ! ドラゴン:ガオォォオッ!ドラゴンの雄叫び! どう、びっくりした? あく:光があるところ、影ありっ!行くわよ! ランダム:いちおう戦ってみようかなー? ランダム:覚悟しなさい! 不明:あたしのが華麗に舞ってみせるわ! 、ストライク、、など 飛行? プレイヤー勝利 男 ああー! だめか! 頭にくるーっ! このはもう要らない、勝手に持っていけ! 今度から、声をかけるのはやめとこう・・・ 任務失敗・・・給料減らされちまう・・・ ふん、たまたまさ! ボスになんて報告すれば・・・!? 負けた! そんなー! もう、どこへでも行くがいいさ! もうバックレて寝てえよ・・・! 女 おかげでGOのメンツが丸つぶれよ! くっ、GOの怖さはこんなもんじゃないから! よーく覚えておくことね! このはもう要らないわ、勝手に持ってって! そんな! 負けた!? ち、ちくしょう! なんなのジロジロ見て? あっち行かないとぶつわよ! ひょえー参った! もうしない! 見逃してよ! やっぱりいつも通り・・・負けなのね・・・ よくもやってくれたわね! あたしは、負けるのが大嫌いなの! プレイヤー敗北 男 不明 女 よし! 勝ったわ! キャンデラ 集中して、もう一度挑戦しよう! ------------------------- GOリーダーのセリフ シエラ リーダー バトル前1ページ目 アナタはここで負けるの。 身の程を思い知るといいわ。 したっぱとのバトル、楽しかったかしら?あんなのお気軽なお遊び、よ! 敗北を受け入れる、その態度が可愛いらしいじゃないの。 かかってらっしゃい! やる気だけは一人前、といったところね。 わたしがお相手してあげる。 よく見ておくのよ。 わたしの華麗なバトルを! 弱い相手とバトルしても、楽しくないの。 よく見てなさい!お手本を見せてあげる。 バトル前2ページ目 これを機会に、真のトレーナーの戦いぶりを見ておくことね。 時間のムダだとしてもね、勝つのは、楽しいわ! もういいかしら? 会議があるの。 おしゃべりなんてしてる時間ないわ。 わたしは勝つ。 それだけよ。 悪いことばかりじゃないわ・・・負けても、わたしから、よく頑張りました、って言ってもらえるじゃない。 対戦直前 気付いていると思うけど、わたしに、勝てるはずがないわ。 敗北を噛みしめたい、というならお好きにどうぞ。 わたしとバトルできるなんて・・・幸せなことなのよ? わたしの実力は、遥か上なのよ。 プレイヤー勝利 今回は、わたしの負けとしましょう。 でも、次は違うから! こんなところで負けてる場合じゃないの! 負けるなんて・・・あり得ないの。 私に勝っても 組織は止まらないわよ! プレイヤー敗北 なんの驚きもないから、勝っても それほど嬉しくはないわ! クリフ リーダー バトル前1ページ目 GOの計画を止めることができる、だと?あり得ない! 厚いにもほどがある! 俺とバトルしようっていうのか? 俺の名はクリフ。 バトルの道を突き進む。 ちっ・・・やろうってのか? なぜ俺たちを阻止しようとする?GOの強いきずな。 それは、多くの団員にとって、生きる目的となった。 それの何が悪いってんだ? ボスは、全員徹底的に打ちのめせ、と言った。 ボスの命令は絶対だ! バトル前2ページ目 痛い目にあうことになるぞ。 ここで負けては、サカキさまに顔向けできない! 迷惑なヤツだ。 追い出してやる! 対戦直前 GOがなければ、いまごろ俺は・・・返しきれないほどの恩だ! GOのためなら、この身も捧ぐ・・・! GOへの忠誠心が、俺に力をくれる。 弱点のところに、俺の名を書きなよ。 ボスに拾ってもらった身だからな、こうやって恩返しするんだ! プレイヤー勝利 ただじゃ済ませないぞ! 次は、GOの誰かに、俺のカタキをとってもらうぜ! なに!?負けるはずがないのに!ボス、許してくれー! プレイヤー敗北 ハハハ・・・俺の、勝ちだ! やった!ボス、やったぜ! アルロ リーダー バトル前1ページ目 おや?ボクに立ち向かおうというんですか?生意気な! 愚か者だけが、このボクに歯向かおう、なんて考えるんです。 人生の唯一の目的は、勝つことだと言っても過言ではない。 それを邪魔するものは、排除するまでだ。 わたしと勝負できると思うなんて、なんという愚かな考えだ。 バトル前2ページ目 GOを目の前にして、その威光に、かすんでいますね。 さっさと終わらせましょう。 腕には覚えがある、というのですね?とんだ恥をかくことになりますが、いいんですね? 思い上がりもいいところです。 ボクとのバトルのあとには、そんな自信もどこかに行ってしまうでしょうが。 そのへんのトレーナーとバトルすることはないんですがね・・・そんなに恥をかきたいなら・・・ バトルの申し込みであれば、トレーナーとしては受けないわけにはいかない。 だが、それなりの代償は覚悟してください。 対戦直前 おごった考え方が引き起こすのは、敗北です。 思い知るがいい今日こそ。 悔しさを味わっていただきます。 負けるわけがない。 プレイヤー勝利 キャンデラに負けたときでも、これほどの屈辱は感じませんでした・・・この借りは返してもらいますよ。 ま、待ってください・・・負けるはずなんて・・・ないのに・・・ やってくれますね・・・これほどの屈辱をボクに与える、キミは何者です? プレイヤー敗北 一般トレーナーのレベルなんて知れてるだろ。 GOの栄華は続く、ということです。 勝つ、といっただろ。 とっとと、立ち去れよ。 キャンデラと、そのお仲間が、精一杯やってこれですか。 GOは、安泰ですね。 バトル前 1ページ目のみオリジナル。 2ページ目はしたっぱの汎用のセリフ アッ,ひゃひゃ、見当違い、人違い! 何故か「,」が入っています。 ミス? サカキさまは、簡単に見つからない! 正義の味方のつもりか?ボスを探すこともできないで! ボスを探しに来るヤツは、全員ぶちのめすように言われている! 対戦直前 ボスにたどり着きたいんだろうが、そう簡単にはいかない! ボスに、指一本触れさせない! ボスの名にかけて、ひねりつぶす! プレイヤー勝利 GOに歯向かうなんて! プレイヤー敗北 不明 ------------------------- ボス サカキ のセリフ バトル前 こんな所までよく来た。 痛い目にあってもらうぞ! どういうことだ?よほどのトレーナーでなければ、相手にならないぞ。 わたしの計画を少しでも狂わせてみろ。 後悔することになるぞ。 どうしてもわたしと対決したいのか!痛い目にあいたい、ということだな! 戦おう、とは言ったが、勝ち負けは決まっている。 わたしの目的・・・きみには、とても理解できないだろう。 やっとたどり着いたようだが、ここから先の景色は、見られないだろう。 対戦直前 GOには勝てないだろう。 あの博士には、無理だったな。 執事しているトレーナーを鍛えあげることなど。 ここまでやって来たのだ。 どれほどのトレーナーなのか、見せてもらおうじゃないか。 誰もわたしを止めることはできない・・・止めようという その無謀さは、面白いと思うが。 プレイヤー勝利 ・・・!ここは一度身を引こう! きみのの愛の勝利・・・ということにしておこう。 ぐぐーッ!そんなばかなーッ! プレイヤー敗北 思った通りだ。 GOは、阻止できない。

次の

【ポケモンGO】ロケット団のセリフと手持ちポケモン一覧

ポケモン ビリビリってするわよ

ポケモン20thを祝いつくす動画でんきタイプの解説です。 でんきタイプのコンセプトは構想時点で何度か変動していて、「かがくのちからってスゲー! 」という科学学習な雰囲気での統一、ディズニーのエレクトリックパレード、アニメの「だーれだ」のようなシルエットクイズ…など試行錯誤が続いていました。 ピカチュウに始まり、プラスル・マイナン~デデンネまで、頬でんきぶくろ族が集結しているため、かわいらしさでまとめていく方針はかたまっていました。 BGMは電気、ピコピコサウンド、という連想で黒魔さんにお願いしました。 エレクトリックパレードというキーワードをお伝えして、初代~金銀のBGMメドレーで纏めていただきました。 制作途中、初代自転車BGMが、どくやむしタイプ(自転車アレンジのむしとり大会)とかぶってしまったため、差し替えなど調整をしていただきました。 ピカチュウはポケモンシリーズを代表するキャラクターと言ってしまって過言ではないでしょう。 初代のイメージからアニメや漫画、派生ゲームやポケモンセンターの絵柄まで幅広い顔をもつピカチュウたちを全て描いてくださったのはLaiさん。 それぞれについて詳しくは pixivのページ を参照ください。 ピカチュウというのがポケモンの種族名であり、いろんなピカチュウがあっていい、サトシのピカチュウもプレイヤーのピカチュウも個として両立できる、それがポケモンというキャラクターの特徴であり、他にあまり見ない魅力ですね。 LaiさんにはHGSSで出会えるピチュー 色違い とギザ耳ピチューも描いていただきました。 多くの電気ポケモンは、電撃のビリビリをイメージした線画でパーツを見せてポケモンクイズをしている場面とするため、通常の彩色されたイラストと、線画のみの状態2種描いて頂きました。 線画の方はビリビリさせるためにさらに差分を数枚用意して動かしています。 サンダースは マツコさん、コリンクは に塩かさん担当。 また、ポケモンクイズを見守り、リアクションをとる存在として、各世代に登場するピカチュウ似の歴代でんきぶくろ族を配置しました。 プラスル マイナン、そして後に登場するパチリス エモンガ デデンネは あまみさん担当です。 ポケモンによって反応を買えるため、喜んだり、驚いたり、といった表情差分をお願いしました。 エリキテルはヒダの形状変化がモーションとして存在する、3DS世代ならではのデザインです。 メリープ モココ デンリュウも寝ている状態と目覚めた状態のスイッチングを かものさんに描いていただきました。 メガデンリュウはタマゴ分類がドラゴングループでないポケモンが得たドラゴンタイプとして珍しいパターンです。 引き続きポケモンクイズです。 くうさん担当のラクライは、なかなか見ない犬っぽい表情が新たな魅力を引き出してるように思いました。 ルクシオは に塩かさん、エレブーは 作之介さん、バチュルは うりゅさん担当です。 リアクションにも変化が出てきます。 このあたりがエレクトリックパレードな名残です。 エレキッドは うりゅさん、ゼブライカは ぐるだぐさん。 シビシラス シビビールは ミックーさん担当。 ビリリダマといったら自爆を おとなラPがアニメーションさせてくださいました。 エレザードはフラッシュをたいて威嚇している場面。 モチーフのエリマキトカゲが出演した古い有名なクルマのCMをイメージして ツク之助さんにお願いしたところ、CMのように襟巻を広げて走る姿は本来の野生ではめったになく、撮影用にストレスを与えられた不自然なものだったと教わりました。 あまり見れる機会なくもったいないなぁと思っていたのですが、ゲームフリークが攻撃時にしか襟巻を立たせないようにモーションを組んでいるのには、そういうわけがあったんですね。 勉強になりました。 ポケモンの原作ゲーム、初代である赤緑は、任天堂、クリーチャーズ、ゲームフリークの三社で作り上げ、著作権表示もこの三社が並んでいます。 BGM内にピコーンというゲームボーイの起動音が仕込まれていたので、ここは実機と同じくNINTENDOロゴを出すしかあるまいと思い、ありがとうのメッセージとして仕込んでおきました。 クリーチャーズは主にプロデュースの立場から、現在の株式会社ポケモンの石原社長が当時立ち上げた会社で、日本初の国産TCGとしてポケモンカードの開発を進めていました。 ポケモンいえるかな?のイマクニ?氏もこちらの所属ということで、出させて頂きました。 イマクニ?氏自身のイラストのタッチを少し意識して生㌔が描きました。 ポケモンを制作した中心が田尻智氏を社長としたゲームフリークです。 ピカチュウが取得した専用技"ボルテッカー"の元ネタである、ゲームフリーク制作の過去作品「パルスマン」に登場してもらいました。 担当はニドさん。 同じくゲームフリーク制作の「ソリティ馬」にはまった参加者さんから、シママでオマージュして描きたいと提案があったので採用しました。 担当のマツコさんに、シママが馬走りするアニメーションと、優勝風イラストでジョッキーに扮したBW主人公とカミツレを描いて頂きました。 ポケモンクイズ、 シビルドンは るいんさん、レントラー どーさん担当です。 デンチュラはエレキネットで登場。 毛糸球さん担当。 youtube版で追加されました、"電"車繋がりでBWのノボリとクダリ。 青波燦さん担当。 ラストのエレクトリックパレードです。 ライチュウは どーさん、エレキブルは 68さん、ライボルト、メガライボルト担当は くうさん。 このあたりは強そうなポケモンたちで。 ボルトロス れいじゅう コロ輔さん、ライコウ まにょんさん、コイル ひわたさん、サンダー 作之介さん担当です。 伝説の間にはさまれても遜色ない存在感のコイルさん。 ラストはマルマインのだいばくはつで締め。 全てアナログ作画のアニメーションをあまあしさんが描いてくださいました。 白い紙の上に色相反転して電撃エフェクトになるように描いて光るラインを表現しています。 こんな美しい大爆発はなかなか見ないですね。 ニコニコ版ではここでエンディングに突入して、ここまでの参加者のクレジットと、応募頂いた皆さんのお祝いイラストをスライドショーで流しました。 「ポケットにファンタジー」原曲など姑息な演出も使ってしまいましたが、それについてはまた後日解説するとして、youtube版の方で追加されたものを説明します。 ポケモンが20年も続いたのはこの人たちのおかげ!という生㌔個人的なセレクトで偉人たちに感謝の気持ちを伝えるコーナーとしました。 担当者が描かれていないものは生㌔が写真から模写したイラストです。 あなたと一緒にお祝いしたかった、任天堂、故・岩田前社長。 ポケモンの海外版ローカライズから、ポケモンスタジアム戦闘プログラム移植、ワイヤレスアダプタ同梱、劇場でDSに配信、そしてPokemonGO開発…ポケモンへの貢献度は語るに尽きません。 特にHGSSの""は一度読んでみてください。 担当はおるらいさん。 初代ポケモンをバージョン分けするアイディアを、赤緑2色に絞るアイディアなど、プロデユースの立場から助言してくれた宮本茂氏。 ライバルの「シゲル」の名前の由来でもあり、ポケモンがシリーズの生みの親でもあります。 ポケモンが子どもたちに普及する流れを支えたコロコロコミック、小学館の久保雅一氏。 アニメ化も彼が持ち込んだ企画だそう。 その流れは以下の書籍などで詳しく見れます。 初代ポケモンとそれ以降の分岐点としても参考になる、興味深い内容です。 ポケモンアニメ総監督であり、来年20作目を迎える劇場版の監督を続けてきた湯山邦彦氏。 間違いなくアニメの、下手するとゲームの内容より広く世間に知らしめた"ポケモン世界観"を方向付けた方であり、ポケモン20年を語るのに外せない人物です。 故・首藤剛志氏はポケモンアニメ初期の脚本家であり、シリーズ構成をされていました。 視聴者を虜にさせる独特の台詞回しはロケット団の口上などにも表れていますね。 何故サトシのピカチュウがボールに入らない設定にしたのか、ニャースがしゃべるのか、そしてミュウツーの逆襲制作の舞台裏などが読める は必読です。 石原恒和社長は、前述のとおりポケモンのプロデューサーとしてクリーチャーズ社をたちあげ、ポケモンカードなどを開発していましたが、ポケモンのヒットによってグッズなどの版権管理が膨大な量となり、キャラクタービジネスを管理するための会社として株式会社ポケモンを立ち上げました。 現在のクリーチャーズの方は「めざせポケットモンスター」の作曲者でもある田中宏和氏が社長になっています。 ポケモンとMOTHERシリーズの類似点など度々話題にあがりますが、石原氏は以下のようなテレビ番組を製作したり、そもそもMOTHER2のプロデューサーだったりします。 以下の電子遊戯大展覧会には田尻智氏も出演してますね。 ポケモンの原作ゲームを制作しているゲームフリークの森本茂樹氏。 プログラマーとして初代から参加しており、ポケモンのデザインもしています。 明かされている話では、幻のポケモンミュウをこっそり仕込んだ実行犯、ということになっています。 赤緑完成直前に、通信ケーブルを活かす遊びとして急遽通信対戦が実装することになり大変な思いをされたよう。 以来ポケモンは収集や交換以上にポケモン対人戦ゲームとしての側面が大きな位置を占めるようになっていきました。 現在は新しい技や特性、対戦バランスを監修するバトルディレクターです。 ゲームフリークポケモンサウンドチームの4人、景山将太氏 ORASまで参加 、一之瀬剛氏、足立美奈子氏、佐藤仁美氏。 この企画でも数々のゲームBGMをお借りしてアレンジさせて頂きました。 イラスト担当はマツコさん。 全世界共通のピカチュウの声をあてた大谷育江氏、ピカチュウのデザインを生み出した にしだあつこ氏。 ニコニコ版にもyoutube版にもないものですが、ニコニコにアップした追加クレジットの動画で追加させていただきました。 担当は都輪さん。 今まで他のブイズと同じくイーブイもにしだ氏のデザインと思いこんで画面にイーブイを登場させてしまいましたが、 都輪さんがTwitter上でお聞きした、にしだ氏ご本人の情報よるとイーブイは実は 藤原基史氏のデザインだったよう。 どんどんしらない事実がでてくるなぁ。 ディレクター、プロデューサー、そして作曲家でもある増田順一氏。 あまりにもポケモンの表の顔として立ちすぎていて、担当されてない仕事についてさえ「増田ァ」と言われてしまうほど…どんな辛辣な言葉にも丁寧にリプライ返していく強い人ですね。 初代ポケモンの全ての音楽と鳴き声、効果音を担当し、RSからXYまでのゲーム完全新作をディレクションしてきました。 初代からどんどん変わっていくポケモンですが、もはや20年のうち半分を育ててきた男と呼んでも差し支えないのではないでしょうか。 ついにサンムーンからはディレクター世代交代に。 今までお疲れ様でした。 そしてこれからもポケモンをお願いします。 いつまでも元気に曲を作り続けてほしい! アートディレクターの杉森建氏。 初代からトレーナーやポケモンの公式絵を描き続けて、大勢のデザイナーによるキャラクター群に、杉森さんの絵柄という統一感を与えてくれました。 今も変わらぬポケモン感というのの拠り所のひとつとも言えるかもしれません。 それも徐々に他の社員の方へ受け継がれていき、少しずつ世代交代が始まっているように思います。 自分も杉森さんのイラストには多大な影響をうけました。 初期の水彩塗りも素晴らしいですが、金銀のトレーナーやポケモンカードなどデジタル彩色による試行錯誤も早い時期でしたね。 公式絵の塗りの質感もデジタルへの移行としては成功していると思っています。 難しいかもしれませんが、いつかデザインチームの資料をまとめた本を出してください! 最後はゲームフリーク創設者、創刊者である田尻智社長。 同人誌からのスタート、ファミコンでインディーズでゲームをリリース、そしてポケモンを生み出したもはや伝説の人物です。 小さな会社を維持しながら6年もの歳月をかけた苦労と執念、初代ポケモン0から1に変えた功績は測り知れないでしょう。 初代ポケモンの独特の世界観とゲームデザインは今もなお魅了されるものであったと、VCやPokemonGOをやりながら再確認しつつ、徐々に内容が明かされていくサンムーンへと"進化"を遂げた姿と見比べるという ものすごい20周年を体験させていただきました。 以下も必読。 でんきタイプの動画を見るたびにそんな動画制作当時のバタバタを思い出します。 次回、企画に支障が出るほど書き出しの計算時間がかかる映像にしてしまった じめんタイプの反省をします。

次の