ボディ ウイング ホエイ プロテイン。 【レビュー】激安なのに良質!ボディウィングホエイプロテインがコスパ最強

ホエイプロテイン チョコミルク1kg ボディウイング :bodywing

ボディ ウイング ホエイ プロテイン

今回はこの商品の成分や味、溶けやすさなどの感想を書きたいと思います。 スポンサードリンク• 会社は横浜にある模様。 格安プロテインは海外のよくわからない会社が販売していたりもするので製造元には気を付けなければいけませんが、 『BODY WING』はとりあえず安心といえるでしょう。 混じりっけなしのプロテインです。 今まで買っていたザバスやアルプロンなどのプロテインは人工甘味料や香料、増粘剤などが入っていました。 その手の添加物も良し悪しなので、ここらへんは個人の選択に委ねられますね。 あとで詳しい感想を明記しますが、僕は甘味料なしの『BODY WING』でも十分飲めました。 たんぱく質は100g中78gとなかなかの含有量! プロテインで一番気になるのがたんぱく質含有量ですが、『BODY WING』は 100gあたり78gのたんぱく質となかなかの量です。 ザバスは71g、アルプロンは80gくらいなので十分なたんぱく質量といえるでしょう。 炭水化物や脂質などの割合は他製品と比較して特記する点はなさそう。 どっこいどっこいといったところです。 飲んでみた感想! 今回購入した製品は『BODY WING』ホエイプロテインのナチュラル味1kgです。 Amazonで販売されている『BODY WING』のホエイプロテインはナチュラル味(プレーン)だけの模様。 ソイプロテインはプレーンの他に、ストロベリーやチョコレートなどが販売されています。 ソイプロテインの方がラインナップが充実しているので、この会社はソイに力を入れているのかもしれませんね。 溶けやすさは最高!だけど泡立ちやすいのが難点 『BODY WING』の袋の中身はこんな感じ。 付属のスプーンはすりきり一杯で約8g。 底の浅いスプーンになっています。 アルプロンなんかは底の深いスプーンなのですが、あれだとシェイカーに入れた時に「ボフッ」となって粉が飛ぶので、こういった浅めのスプーンの方がありがたいです。 シェイカーに入れたところ。 水は約200ccです。 振ってみたらこんな感じに。 僕はめんどくさがりなので縦に思いっきり振るタイプなのですが、やはり縦振りすると泡立ちやすいですね・・・。 今まで使ってきたプロテインの中でも、 ダントツで泡立ちやすい気がします。 泡立ちやすさは、「BODY WING>>>アルプロン>>>ザバス」という感じ。 僕は泡立ったままだと飲みづらいので、2~3分待って泡が落ち着いてから飲んでます。 ただ、 溶けやすさは『BODY WING』が一番。 添加物が入っていないからか、一切"ダマ"になることもなくすんなり溶けてくれます。 味は脱脂粉乳に近い? 僕が最初に『BODY WING』を飲んだときの感想は、 「味の薄い牛乳みたいだ!」というものでした。 ほんのりホエイの甘みがあるくらいで、あとはなにも感じません。 あっさりといえばあっさりしてるし、味気ないといえば味気ない。 ネット上で『BODY WING』のレビューを見ていると、「脱脂粉乳みたいな味」という感想がありました。 僕自身は脱脂粉乳を飲んだことがないのですが、「なるほど、そういう表現になるのか」と納得。 チョコレートやストロベリー、ココアなどの味がついているものに比べれば味気ないですが、その分飲みやすいともいえます。 僕はけっこう好きです。 もし物足りなさを感じるのであれば、ハチミツや粉飴などを足して飲んでみてもいいかもしれません。 まとめ 『BODY WING』の良さは「低価格で、添加物が入っていないこと」だと思います。 他社のホエイプロテインに比べると1~2割以上安いので、メーカーへのこだわりがないのであれば『BODY WING』一択でいいでしょう。 僕もしばらく買い続けます。

次の

【無添加最高!】ボディウイング ホエイプロテインの味とコスパ紹介!│オカダの日常

ボディ ウイング ホエイ プロテイン

良い商品 人工甘味料を避けたく、また安価で、無駄に派手なパッケージデザインではないのでこちらを選んだ。 正直デザインは洗練されていないが、丁寧な物作りを伺える。 注文後、迅速に発送してもらえた。 25日夜に注文して、27日午前には届いた。 簡易的な包装だが、特に悪い点は無い。 パッケージは丈夫な感じで、付属のスプーンもオリジナルなのかロゴ入りで作りが良いと感じた。 早速、味見的に飲んでみた。 パッケージには水でとあったが、牛乳でシェイカーを使って溶かした。 私はプロテインは初心者でザバスくらいしか比較対象を知らないが、溶けやすさは変わらない気がするが、水100mlに対して粉24gで良いので、こちらの方が溶けやすいのかも。 また、こちらは泡立ちがあまりないので、最後の一滴まで飲みきりやすい。 味は甘すぎないし、飲み終わりに科学的な重さを喉に感じ無いのが良い。 チョコミルクというよりは、大豆やアーモンドに近い味わい。 美味しい飲み物が欲しかったわけではないので味は満足。 価格も安価でありがたい。 あとは筋トレを頑張り、体への効果次第でリピートを考えたい。

次の

ボディウイングのホエイプロテインは無添加なので安全性も抜群なのに美味しいからおすすめ!

ボディ ウイング ホエイ プロテイン

タグ 100均 安佐南区 悩み 怖い話 応援歌 広島県民 広島市西区 広島市南区 広島市中区 広島 少年時代 家族 実用的 安い自己啓発本 料理 女子 大葉 夜行列車 塩パン 同期 南米 企画 中華料理 中華 世界の料理 世界の主食 愚痴 旅行 レシピ 豆料理 鶏肉 鶏むね肉 鯖サンド 鮭 魚料理 飲み会 食事 食パン 鍋 野球 資格 芸人 日本シリーズ 脱サラ 肉料理 経理 米粉パン 米料理 節約 筋トレ 海外旅行 歯 椅子 東京 映画 ロシア ルームシェア 360度動画 オススメ スコーン サンドウィッチ サプリメント ゴーヤ グルメ クロワッサン クリームパン キッチン カープ カレーパン カッパドキア インド ソーセージ イスタンブール アフリカ アジア くるみパン お金 うなぎ あんバター あんぱん あるある YouTube DIY amazon ソフィア ダイエット ヨーロッパ ファストフード ユニフォーム メロンパンアイス メロンパン ミルクパン ミキ ペルー ベーグル プロ野球 プログラミング ブログ ブルガリア ピーマン チーズ パン屋巡り パン作り パンの断面 パン パスタ ハード系パン ネタ ナス トルコ トラブル デグー テーブル 麺料理 目次• 無添加!ボディウイング ホエイプロテイン 3袋まとめ買いしました(一袋1kg) Amazonなら一袋あたり360円安い! 1kgで買うより、3kgで買った方がコスパがいいです。 筋トレ初心者の僕ですが、高校時代は野球部でガッツリウェイトトレーニングをして、プロテインも毎日のように飲んでいました。 その時は大して何も考えず、 「とにかく美味しいやつがいい」と思って、チョコレート味とかバナナ味とかココア味とか 選択基準は味一択でした。 高校野球を始めて人生で初めて飲んだ「バニラ味」のプロテインが あまりにもまずかったのが一つの要因でしょう。 しかし、アラサーともなると考え方が変わります。 まずくてもいい。 体に負担がかからないやつがいいのです。 せっかく筋トレしていても、添加物ゴリゴリのプロテインを飲んで逆に不健康になったら本末転倒ですからねw ということで「無添加」かつ「安い」をテーマに探したときに、たどり着いたのがこちらのプロテインでした。 プロテインの種類は「とりあえずホエイ」で間違いないでしょう。 とのことで、無添加へのこだわりを感じます。 タンパク質含有量は78% 個人的には十分な量だと思います。 ボディウイング ホエイプロテイン 味は美味しい? 無添加となると気になるのが味。 安いので、送料回避のために買うのもオススメ 単刀直入に 美味しくはありませんw まさに高校時代飲んだ「バニラ味」のプロテインと全く同じ味がします。 パッケージに 「ミルク風味の自然な風味」との記載がありますが、本当よく言ってそのとおりです。 プロテイン飲んだこと無い人にはわからないかもしれませんが、スキムミルク風味のあの味「THE プロテインの味」です。 「自然な風味」という表現がピッタリですね。 ただ、無添加の時点でこれは想定内なので、個人的には全然問題なし! 美味しくはないけど、別に飲めないことはないし、高校時代を思い出して逆に懐かしくて嬉しいくらいだ!! ただし、溶け残りがあると流石にきついのでしっかりと粉は溶かしましょう。 絶対に水を先に入れて、その後に粉を入れよう。 間違えて先に粉を入れたとき、なかなか溶けなくて大変でした。 「美味しくないよ〜」と書いてきましたが、 工夫すれば美味しく飲むこともできます。 僕は水でしか飲まないので、工夫するとしたら 「冷たい水で飲む」ってのが一番ですね。 この場合、少し溶け残りやすくなるので、多めにシェイクしておいた方がいいです。 あと、よくあるのが「牛乳で飲む」方法。 個人的に牛乳自体が嫌いなので、これは逆効果w その他美味しく飲む方法として、Amazonにはこんなコメントもありました。 ・ココアと混ぜる ・朝のシリアル+ヨーグルト+豆乳に混ぜる ・色々試したがオレンジジュースで飲むのが一番美味しい ・成分無調整豆乳250mlにココアパウダー大さじ1、メープルシロップ大さじ1、プロテイン大さじ2を混ぜる。 ・牛乳と混ぜてさらに抹茶を加える ・ヨーグルトと混ぜる みなさん、色々と試行錯誤しているんですね。 何を言われようが僕は水で飲みますが(笑) ボディウイング ホエイプロテイン コストパフォーマンス そして気になるのがコスパ 付属のスプーン 僕は1日で付属のスプーンに3杯(24g)を2回飲むので、1日48gを消費します。 このペースでいくと、一袋(1000g)を21日くらいで消費します。 一袋1,930円ですので、 1日あたり91円ですね。 21日って意外とすぐ無くなるな・・・ と一瞬思いましたが、 1日100円もかかっていないと思うと普通にコスパいいじゃないか! 毎日200円のビール買って飲んでいる人のことを考えると、なんぼも健康的で素晴らしいと思います。 まぁこれは飲む量によって、安くも高くもなりますが、他のプロテインに比べても確実に安い部類に入るはずなのでなんの文句もありません。 まとめ 【無添加プロテイン】ボディウイング ホエイプロテイン.

次の